プレゼントは2つ以上にわける

Posted on By

ホワイトデーは一筋縄ではいかない

ホワイトデーはバレンタインデーの後にできたのですが、最近はもうすっかり定着しています。
このホワイトデー、なかなか一筋縄ではいかないものであることはご存知でしょうか。
彼女が本当に喜ぶものを贈ってあげたいものです。
では、どんなものを贈ったら良いのでしょうか。

彼女は、高価なものを贈ったからと言って喜ぶわけではありません。
彼女が欲しいのは物ではなくて気持ちなのです。
その辺りを踏まえて考えてみましょう。

追加型の方法とは

女性はサプライズのプレゼントが大好きです。
そこで、うまくホワイトデーのプレゼントを追加する追加型の方法を考えてみましょう。

たとえば、「ホワイトデーのプレゼントの中にコンサートのチケットをそっといれておく」というのはいかがでしょうか。
通常のホワイトデーのプレゼントのクッキーの中に、コンサートのチケットをしのばせておくのです。
そのコンサートが彼女が行きたがっていたものだったりすると、大喜びでしょう。
それだけ、あなたが彼女の話を聞いて何を喜ぶかわかっているということですから、何よりその気持ちが嬉しいに違いないです。

それから、本好きな彼女だったら、おなじように「ホワイトデーのプレゼントの中に彼女が欲しがっていた新刊の本を入れておく」という事も良いでしょう。
但し、この方法は彼女がその本をすでに買っているかどうかの調査が必要ですが、優しい彼女だったら、たとえダブってしまってもあなたの気持に感謝してくれるはずです。

また、ホワイトデーにレストランで食事というのであれば、特別なメニューを作ってもらうというのもステキです。
プレートに彼女の名前を絞り出した料理とか、特別なケーキとか、お店の人と打ち合わせておくと良いでしょう。

お金がないという人、今月はピンチという人は何もお金を使うだけが愛情ではありません。
彼女を自宅に招待して、二人の思い出の曲を目いっぱい流すというのも二人だけの世界を満喫できます。
もし、あなたがピアノ男子でしたらピアノで彼女の好きな曲を奏でるというのもおすすめ。
もちろん、他の楽器でもすてきです。

そして、究極なのは食事をしたり、クッキーを贈ったりしたホワイトデーのデートの帰り、車の中にしのばせておいた花束を渡すのです。
花束にはカードを添え、カードには「Marry me!」と書きましょう。
つまり、プロポーズです。

ダブルプレゼントの効果は?

予期せぬダブルプレゼントに彼女はびっくりするやら、うれしいやらという気持ちになるでしょう。
事前調査が必要なものやお店の人という第三者との打ち合わせが必要なものもありますが、愛する彼女のために頑張ってください。
プロポーズも一生心に残るものですから、二人の素敵な思い出になります。
皆さま、お幸せに。

ホワイトデーのサプライズ