お菓子の材料に含まれるアレルギー物質について

Posted on By

アレルギーについて理解しておく

食べ物を食べると、アレルギー反応が起きることがあります。
アレルギーは日常でもときどき聞く言葉ですが、その意味をきちんと理解している人は少ないです。
アレルギーについて知っておくと、生活の中で対処しやすくなるため、これを機会に学んでおきましょう。

アレルギー反応とは「食べ物の成分の中に含まれるタンパク質などに対して、体が過剰な反応をしてしまうこと」を指します。
通常は食べ物を食べても、人の体は「必要なもの」と判断して、それを吸収しようとします。
しかし人によっては食べ物に含まれるタンパク質を、「異物」として判断してしまうことがあります。
すると体は異物を体外へ排出するために、下痢や吐き気などを引き起こしてしまうことがあるのです。
また、異物が入ってきたことでそれが体内を刺激して、吹き出物や肌の炎症につながることもあります。

アレルギー反応によって出る症状は人によって違い、じんましんや少しのかゆみが出るだけで済む人もいますが、場合によっては死に至ることもあります。
このようにアレルギーはきちんと考えておくべきものであり、日頃から注意が必要です。

アレルギー表示を求められる品目とは

アレルギーを引き起こしやすい物質は決まっており、これは「特定原材料」と呼ばれます。
特定原材料を含む食材は、パッケージに必要な表記を記載しなければいけません。
特定原材料は7つあり、まずは小麦です。
次にそばと卵、そして乳があり、これに加えて落花生とえび、最後にかにがあります。

よく「私はそばアレルギーだから」のような話を聞くことがありますが、これは特定原材料に指定されている物質だからなのです。
その7つの品目は特に注意する必要があるため、食べていて体に異常を感じたら、アレルギーでないかを考えてみると良いでしょう。
7つの品目を暗記する必要はありませんが、アレルギーに敏感な人は、覚えておくのも良いかもしれません。

お菓子の材料にも、アレルギー物質がある

お菓子の材料にも、アレルギーの原因となる物質が含まれていることがあります。
お菓子は一見、アレルギーが出そうな物質が入っているように思えないかもしれませんが、卵は特定原材料の7品目のひとつですので注意しましょう。

その他にも、気をつけるべき物質があります。
これは「特定原材料に準ずるもの」と呼ばれており、注意が必要です。

その例として挙げられるのが、まずは「オレンジ」です。
オレンジは人によっては刺激になることがあるため、食べるときには気をつけましょう。
また、桃もアレルギーの原因になることがあります。
桃は甘みがあって美味しいフルーツですが、アレルギー反応が出るなら控えましょう。
特定原材料に準ずるものは他にもあるため、確認しておくと良いでしょう。

お菓子の知識