ホワイトデーのお返しをいらないという女性の心理

本当にお返しを望まない人も意外と多い

バレンタインに義理チョコをくれた女性には、ホワイトデーにお返しをしないといけないと思う男性が多いです。
しかし実は女性によっては、あまりホワイトデーのお返しを望んでいないこともあります。

ホワイトデーのお返しは人によってさまざまで、クッキーなどのちょっとしたお菓子をくれる人から、彼氏でもないのに下着やアクセサリーなどをプレゼントする男性もいます。

後者のようなプレゼントは、男性からすると気を使ったジョークかもしれません。
ですが女性にとっては精神的な負担となることもあるため、「もうお返しはいらない」と思う人も意外といるのです。

このように思われないためには、女性の気持ちを考えることが大切です。
女性に嫌がられないプレゼントがどんなものかを考えてから渡せば、逆に好印象をもってもらえることもあります。

女性は欲しいと直接言えない人もいる

女性によっては、素直にホワイトデーのお返しが欲しいことを言えない人もいます。
この結果、逆に「お返しは別にいいよ」と言ってしまい、男性はそれを真に受けてしまうことがあります。

ただ、お返しを用意するというのは「感謝の気持ちを伝える」というのが大元にある感情です。
お返しは要らないと言われても、普段からその女性にお世話になっていて感謝を伝えたいという気持ちがあるのなら、彼女がどんな贈り物なら喜びそうかを考えお返しを用意してもいいでしょう。
せっかくのホワイトデーですから、これをいい機会にするのもおすすめです。

どうしても渡したいなら、2人でいるときに

お返しをどうしても渡したい場合、2人でいるときがタイミングとしてベストです。
やはり自分に用意してくれたプレゼントは誰しも嬉しいものなので、意外とすんなり受け取ってくれることがあります。
ただ、その内容によってはお返しを断りたいという女性もいますので、周りの目を気にせずその女性が断りやすい環境を作りましょう。

また、女性は他の人がいる前でプレゼントを渡されることに抵抗を感じることが多いです。
特に女性が多い職場で男性から一人だけお返しを直接受け取ると、場合によってはあらぬ噂の対象になってしまうことがあります。
2人でいるときにこっそりと渡せば、周りの目を気にせずに済み女性が安心してくれます。
また、「きちんと配慮してくれている」と、あなたに好印象をもってくれやすくなるため、恋愛に発展することもあるかもしれません。

このようにホワイトデーにお返しを渡すときは、女性の気持ちを理解することが大切です。
人によってどのように感じるかは違うため、渡す相手となる人をさりげなくチェックしてみましょう。
もちろん迷惑がかからないように気をつけてください。