大和撫子に喜ばれるホワイトデー和菓子

Posted on By

和菓子で印象アップ

ホワイトデーのお返しとして選ばれるお菓子は、クッキーやマシュマロなどの洋菓子やキャンディーなどが一般的です。
女性は職場や友人などたくさんのチョコレートを配る人が多いので、ありきたりなお返しでは印象に残りません。
そこで和菓子を選ぶと、人とは違うセンスが目立ち印象に残りやすくなります。

日持ちする物が良いという場合にはおせんべいや最中などがおすすめです。
一見地味に思われがちですが、ハート型やピンク色など見た目もかわいい商品がたくさんあります。
職場のお返しなどで数が必要な場合にも向いています。

見た目にこだわりたいという場合は、季節の上生菓子を選んではいかがでしょうか。
上生菓子というのは生菓子の中でも上等の物を指し、練り切りや羊羹、寒天を使ったお菓子などがあります。
花の形をした物などがあり元々見た目でも楽しめるお菓子ですが、最近では動物など様々なデザインの商品が増えているので、かわいい物がたくさんあります。
あまり日持ちはしないので、すぐに食べられる場合にはおすすめです。

特別な相手に送る場合には、どら焼きがおすすめです。
一見特別な印象はないかもしれませんが、一工夫でまったく違った印象になります。
どら焼きなどのお菓子には焼印を使ってメッセージを入れられるサービスを行っているお店が多いので、日頃の感謝やなかなか口に出せない気持ちなどを伝えられる良い機会になります。
1個からオリジナルデザインの焼印を制作してくれるお店や、お店にある焼印なら無料の場合もあるので、少量の注文でも大丈夫です。

アレルギーがある人でも大丈夫

程度に差はあっても、何かしらの食物アレルギーを持っている人は意外と多いです。
せっかくもらったお菓子を食べられないのは残念ですし、相手にも申し訳ないものです。
和菓子なら、アレルギーの人でも食べられるお菓子があります。

和菓子にも小麦粉や乳製品、卵、落花生などを使った物がたくさんあるので、相手にどんなアレルギーがあるのかわからない場合は砂糖菓子がおすすめです。
砂糖や水あめを原料としているので、アレルギーの心配はほとんどありません。
水あめはまれに麦由来の物を使っていることがあるので、麦の表示があるかどうか確認しましょう。

カラフルな金平糖は見た目がかわいく色々な味がついた物もあります。
大人になると意外と食べる機会がなかったりするので、懐かしさもあり喜ばれること間違いなしです。

キャンディーはホワイトデーの定番お菓子ですが、京都などで作られている和の飴はまた違った印象になります。
手毬のような形の飴や色々なデザインの金太郎飴などは女性に人気です。

落雁は仏壇に供えるだけではありません。
今は可愛いデザインやほうじ茶やココアなどの変わった味もあります。
米粉や大豆粉などを使っている場合もあるので、アレルゲンには注意しましょう。

ホワイトデーコラム