イマイチなお返し

失敗もつきものです…

8e79cc1a78e48a78c164be61d7cba32b_sホワイトデーのお返し、失敗したという方も多いでしょうが、逆にホワイトデーにもらったものがイマイチだったという女性の体験者も。
そんな、イマイチなお返しのホワイトデー体験談をご紹介ましょう。

まず、この体験者はずっと好きだった男性に、バレンタインデーに手紙とチョコレートを渡したそうです。
その彼から、ホワイトデーにお返しをもらったそうですが・・・。

ホワイトデー当日、コンビニエンスストアのホワイトデーコーナーに売っているクッキーだけ、頂いたそうです。
お返しとしてクッキーをプレゼントされただけ。

商品としてイマイチというのももちろんですが、気持ちがこもっていないことが一目でわかります。
ちょっと見ただけで義理だということがわかりますよね。

最初から期待していなければ、こんなホワイトデーのプレゼントをもらってもがっかりすることはありません。
でも、バレンタインデーに告白して気持ちが舞い上がっていたところですから、仕方がありませんね。

残念なお返しをしないように

男性のみなさん、ホワイトデーに残念なお返しをしないように気を付けましょう。
気持ちがこもっていない、相手に興味がないことが一目でわかるような商品はNGです。

コンビニで買えるクッキーなんて、全国どこでも手に入ります。
もしそれを義理として返したいのなら、「気持ちには答えられない」ということを手紙でも口頭でも伝えるべきではないでしょうか。

「勝手にバレンタインデーにチョコを渡してきたんだから、知らない」じゃ話は通りません。
それなら、いっそのことホワイトデーさえも無視してしまうほうが良い。
返す気持ちがあるのなら、気持ちをしっかり込めて返しましょう。
ホワイトデーは「お返し」という意味が込められていますが、中にはこんな体験談も・・・。
>>ホワイトデー 失敗した | 教えて!goo

この体験者は、気になっていた店員にホワイトデーにお菓子をプレゼントしたそうです。
でも、受け取ってもらえなかったそうな。

ストーカーと間違えられてしまった感じもあるとのことですが、どこがダメだったのでしょうか?
きっと、店員と客という立場、そしてお菓子というプレゼントがダメだったのでしょう。

人から食べ物を貰う時って、信頼できる人からもらったものじゃないと食べる気になりませんよね。
また、いきなりお客さんにお菓子を渡されても、引かない女性店員はいないでしょう。

期間を空けるなら、3か月ほどあけたら、ストーカーだと思われないか?という質問に対して、解答は「3か月じゃ遅い」「3年なら大丈夫じゃないか」など。
ちょっと体験者がかわいそうに感じますね。

残念なお返しを貰う前に

気を取り直して、女性の方へ。
残念なお返しを貰う前にできることといえば、2つあります。
「バレンタインデーごときで気合を入れないこと」
「お返しに過度な期待を持たないこと」です。

バレンタインデーではしゃぐって、若いなぁと思う方も多いでしょう。
そしてバレンタインといえば女子の一大イベントだと思っている方も多いでしょう。

あくまで、イベントだけどそんなにはしゃぎすぎてはいけないことを、覚えておいてください。
はしゃいでいるのは、あなただけなのかもしれません。

また、ホワイトデーなんて、ただの「チョコをくれてありがとう」の気持ちだけです。
手紙を貰えるんじゃないか、良いプレゼントをもらえるんじゃないか、など。
過度な期待は持たないようにしましょう。