スノーボールレシピ

スノーボールとは

スノーボールはクッキーの種類の一つです。
一般的なクッキーとは違い卵は使わず、小麦粉の他にアーモンドプードルを使います。
サクサクして口の中で溶けるような食感で、外側にまぶされた粉砂糖との相性は抜群です。
フランス語のブールドネージュという名前で売られている商品も多いです。

スノーボールは最近人気なので、普通のクッキーよりも喜ばれること間違いなしです。
シンプルなので嫌いという人も少ないと思いますし、見た目が白いのでホワイトデーにうってつけのお菓子です。

実は家でも作れる

スノーボールは大手量販店がブールドネージュの商品名で販売したことから一気に人気に火がつきました。
そのためお店で買う物というイメージがついている人も多いですが、普通のクッキーと同じように手作りすることができます。
基本的に作り方は普通のクッキーと同じなので、クッキーを作ったことがある人なら簡単に作ることができます。

薄力粉120gとアーモンドプードル40gは合わせてふるっておき、バター80gは室温に戻しておきます。
バターがクリーム状になるまで泡だて器でよく混ぜたら、粉砂糖40gを加えてさらに混ぜていきます。
小麦粉とアーモンドプードルをバターに加えてゴムベラで混ぜ、まとまってきたら一まとめにしてラップに包み冷蔵庫で30分程寝かせます。
これで生地は完成です。

天板にクッキングシートを敷いたら、包丁で30等分に切り分けた生地を丸めて間を開けながら並べていきます。
あらかじめ180度に余熱したオーブンで14分焼いたら、網などに乗せて冷まします。
粗熱が取れたら温かいうちに分量外の粉砂糖をまぶせば出来上がりです。
完全に冷ましてからラッピングをしましょう。

家にある材料で簡単に

普段お菓子を作る機会が少ない場合、バターやアーモンドプードルなどの材料が家にないということもあると思います。
どちらも高いので、わざわざ買わずに他の材料で代用しても大丈夫です。

アーモンドプードルはきな粉やおからパウダー、片栗粉などで代用することができます。
何を使うかで味が変わってくるので、思ったような味にならないということもありますし、逆に別の材料で作った方が気に入るかもしれません。
プレゼント用なら、一度試作してからの方が良いでしょう。

バターの代わりにサラダ油を使うこともできます。
どこの家庭にもあるものなので、より手軽に作ることができます。
今流行りのココナッツオイルを使うこともできます。
サラダ油やココナッツオイルを使えば乳製品にアレルギーがある人でも食べることができます。

オーブンがなくても、電子レンジを使って作るレシピもあります。
基本的な生地の作り方は同じで、オーブンで焼く代わりに600Wで2分加熱するだけです。
生地にココアを混ぜたりしてアレンジするのも簡単なので、家にある物を上手に使って作ってみてはいかがでしょうか。