カップケーキレシピ

初心者でも簡単なカップケーキ

カップケーキはお菓子の中でも簡単に作れ、失敗がないので初心者に特におすすめのお菓子です。
材料も簡単に手に入りアレンジもしやすいのが魅力です。
使い捨てできるカップはプレゼントにもぴったりです。

基本的な作り方は、室温に戻したバターをクリーム状になるまで混ぜ、80gの砂糖を加えよく混ぜたら、卵2個を3回くらいに分けて入れながら混ぜていきます。
ふるっておいた小麦粉120gとベーキングパウダー小さじ1を加えたら粉っぽさがなくなるまで混ぜます。
カップの8分目くらいまで生地を入れたら、180度に余熱しておいたオーブンで15~20分、焼き色を見ながら焼きます。
カップは外す必要がないので、冷めたらそのままラッピングしましょう。

オーブンがなくても、オーブントースターで焼くことができます。
オーブントースターを使う時は上火が強すぎると焦げてしまうので、調節できる場合は上火を弱く、出来ない場合は表面がある程度固まった時点でアルミホイルを被せておくと焦げずに済みます。
1000Wだと中まで火が通る前に焦げてしまうので、様子を見ながら火を弱くするなど調整が必要です。
竹串を刺して生地が付いてこなければ中まで焼けています。

小麦粉とベーキングパウダーの代わりにホットケーキミックスを使うこともできます。
ホットケーキミックスには砂糖が入っているので、レシピよりも砂糖を少なめに作りましょう。
面倒な粉の計量がないので手軽に作ることができます。

ココアパウダーや抹茶、オレンジピールなどを生地に混ぜて、色々な味のケーキを作ることもできます。
室温に戻して柔らかくしたクリームチーズをバターに混ぜると、チーズケーキ風にすることもできます。

トッピングでさらにかわいく

そのままでもいいのですが、焼き上がったカップケーキにトッピングをするとさらにかわいくなります。
チョコレートやカラフルなバタークリーム、ナッツやチョコスプレーなどバリエーションは様々です。
お店で売っているようなカラフルなデコレーションカップケーキも自分で作ることができます。

一番簡単なのはアイシングを使う方法です。
アイシングは粉砂糖を卵白やレモン汁で溶いたもので、食用の色素で色を付ければ好きな色にすることができます。
コルネを使えばチョコペンのように絵を描くこともできるので、メッセージを書いたりイラストを描いたりするとかわいくできます。
アイシングは早くて1時間、1日程乾かせば十分固まります。

100円ショップのラッピング

かわいいカップケーキができたら、次はラッピングです。
ラッピングはお金をかけなくても、100円ショップのグッズで十分かわいく作ることができます。

カップケーキ用のミニカップは紙やアルミなど色々な種類の物が売られています。
使い捨てなので100円ショップで十分ですし、デザインも可愛いものがたくさんあります。

ラッピングは小さな袋に一つずついれ、リボンなどで口を縛るとお店で売っているような見た目になります。
マスキングテープとワイヤーを使ってツイストタイを作ったり、麻紐とクラフト紙とマスキングテープを使ったタグなどを付けるとぐっとおしゃれになります。