テンパリングで失敗しないために

Posted on By

チョコのお菓子の質を変える、テンパリングをマスターしましょう

チョコレートお菓子を作る際に非常に重要になるといえるのが、テンパリングです。
湯煎で溶かした際など、チョコレートの温度を調整することで、チョコレートに合わせた温度にすることで、さまざまな効果が表れます。
またテンパリングをするだけで、チョコレートの品質が大きく異なると言われており、チョコ菓子販売をしているお店では、必ず行われていると言っても過言ではないでしょう。

テンパリングのやり方は、まず、チョコレートの温度を50度まで上げて溶かした後、27~29度まで冷まし、冷ましたらまた、31~32度に引き上げます。
こうすることで、チョコレートの結晶を安定した状態に整えることが出来、加工をする際にも、メリットが多数出てくると言われています。
調整する温度はチョコレートの種類によっても異なりますので、チョコレートに合わせた温度管理をするようにしましょう。
蒸気の温度は、一般的なスイートチョコレートの場合ですので、利用するチョコレートにあわせたテンパリングを行っていくことが重要となってきます。

テンパリングをしないとどんな状態が起こりやすいか?

テンパリングをすることでチョコレートの温度管理をすることが出来るようになりますが、テンパリングをしないと、このような事態が起きやすくなるでしょう。

まずは、舌触りがざらざらとするなど、口溶けが良くないことがあげられます。
チョコレートの一番の特徴は、口に入れた後の口溶けにありますので、とろける食感をしっかりと残したいと言う方は、テンパリングを忘れずに行いましょう。

次に、光沢やツヤ感が無くなることがあります。
チョコレートの、美しく光化輝くツヤ感は、シロップなどを塗らずとも、テンパリングさえきちんと行っていれば出すことが可能です。
見た目がよどんでいチョコレート、何だか白っぽいチョコレートの場合は、テンパリングがしっかりと出来ておらず、見た目が悪くなる可能性が高いため、テンパリングを十分行いましょう。

テンパリングをするだけで、手作りお菓子が一気に上質なものに!

生チョコやチョコレートケーキなどチョコレートを全面的に押し出している手作りお菓子の場合は特に、テンパリングによってお菓子の質が全く異なります。
見た目、舌触り、さまざまな部分が変わってきますので、是非とも一手間二手間かけて、テンパリングをマスターするべきでしょう。

テンパリングをしなくとも、お菓子自体を作ることは可能です。
ですが、テンパリングをするだけで、まるで購入したチョコレートお菓子のような食感を得られるのであれば、それに超したことは無いでしょう。

お菓子の知識